top of page
  • 悠冴紀

鳥羽水族館2016~前半


本日はタイトル通り、鳥羽水族館の再訪記です☆彡

行ったのは7月21日。約一年ぶりの再訪でした。

伊勢海老がウジャウジャと!

昨年5月に初めて行って以来、ずーっと行きたかったんですよ、鳥羽水!

私はここ数年、サメを求めてあちこちの水族館に通っていますが、

ここはサメ充実度がそれほど高くなくても、総合得点の高さで許せてしまう盛りだくさんな水族館☆彡 まず、飼育されている生き物たちが魚だけに限らず多種多様で、おまけにラボのような剥製・化石展示や研究素材も充実しているので、動物園と水族館と博物館をあわせたような贅沢なスポット ♬ おまけに京都水族館と張り合うくらい、内装や展示の仕方自体からしてセンスの良さが光っていて、端から端までどこを見ても美しいんです!!

ザリガニ

── そんなわけで、特別にサメ好きという共通点がない他の人たちにも、自信をもって紹介できるイチオシのアクアリウム、鳥羽水族館!! 今回は大学時代からの友人(←いつも奈良旅やハーブ園に一緒に行っている友人)と二人で来館し、鳥羽水の良さを一日でわかってもらおうと、はりきって案内してきました☆彡 (← 一度しか来館したことがない割に、知り尽くしたように鳥羽水解説するヤツ σ(^▽^;))

綺麗なザリガニのボックス水槽棚!

鳥羽水の見どころはいっっっぱいありますが、

他の水族館にはない珍しい展示の一つが、ザリガニ専用コーナーがある点ですね 👆

上の画像をよくご覧ください。遠目に見るとインテリアのようですが、間あいだにボックス水槽がはめ込んであって、可愛らしいハサミ ✂ が見えるでしょう? これ、一つ一つが各種ザリガニの棲み処になっているんですよ (#^^#) 思えば昨年鳥羽水のこのコーナーを見て、ザリガニに対する見方が一変したんですよねー! 「え? ザリガニって、こんな可愛かったっけ?」と (^^;)

そのときの詳細は、昨年のブログに書いてあります。

宜しければ是非ご覧ください▼

とは言え、鳥羽水族館というと、まず最初に思い浮かぶのは、やはり海獣揃いの豊富さです。鳥羽水の顔とも言えるジュゴンのセレナちゃんを始め、オタリアやセイウチ、マナティやイロワケイルカなど、他ではなかなか出会えない水生哺乳類が目白押し!! 昨年初めて訪れたときにも、そのスケールに圧倒されつつ、「ここは一言で表現するなら、白き人魚のアクアリウムだな~ 」と思ったものです。ジュゴンもマナティもよく人魚に喩えられますが、私個人的には、お肌スベスベで色白で、背中のラインの美しいスナメリが一番お気に入りで、人魚のイメージそのものピタリだな~と思います。ついついウットリと見惚れてしまいます (⋈◍>◡<◍)。✧♡

…… あ、もちろん、須磨海浜水族園でやっていた妖怪展のような、昔の人々が思い描くおどろおどろしい人魚像ではなく、比較的最近定着してきた美しくて安全な人魚像の方ですよ(笑)

※スマスイの妖怪展のときのブログはこちら▼

 模型ですが、妖怪バージョンのグロテスクな人魚画像が見られます A^_^;

セイウチのポーちゃん

さて、鳥羽水の哺乳類、海獣と言えば、

今回は一つ、前回には見られなかったショーを見ることができました。

それが「セイウチ笑」です。

そう。「笑」と書いてショーと読ませる。

ここが注目ポイントですよ、皆さま (^^;)

昨年訪れたときには、肝心のセイウチが体調不良のため休止します、とのことで見逃してしまったこのショー。これは思いがけないリベンジだ、今日という今日は見逃すわけにイカン!と息巻いて、来館するなりちょうどいいタイミングで始まろうとしていたこのショーの会場に向かった私たちですが、脂肪たっぷりの巨体でドスドスと姿を現した主役のセイウチ(ポーちゃん)は、ショーの間中終始餌の小魚を食べ続けているだけで、パフォーマンスと言えるようなことは一切何もせず。。。^_^; 頑張っているのは、ポーちゃんをリードするトレーナー役の人間だけ。殆どコントの域で、時折「ポーちゃん、会場に寒~い空気漂っとるで。ここらでちょっと笑っとこうか?」と言われて「ホホホホ!」と低~い声で笑ってごまかすのが、ポーちゃんの唯一の芸でした(笑)

うーん、まさにセイウチの笑(ショー)w

関西ノリで、タイトル通り笑えました (^▽^;)

ここまで何もしないセイウチを使って、こんなことをしようと思いついた人が、逆にスゴイ!

座布団5枚でございまする ( ^^) _💮

さて、最後は、今回の再訪で一番思い入れ深く印象的だった

奇跡の森コーナー のスライドショーをご覧いただきましょう 👆

ここ、実は昨年訪れたときには改装工事中で、全然見られなかったコーナーでした。

つまり、セイウチ笑と同じく、私にとっては思いがけずラッキーなリベンジとなったのでした\(^_^)/

ここのイチオシである、水辺で魚を獲るスナドリネコは、私たちが行ったときにはちょうどお昼寝中で、水滴だらけのガラス越しのため撮影もままなりませんでしたが、サメに次いで私好みなワニにヘビにイグアナにカメレオンにカメに…… 🐍 🐢 🐊 と、爬虫類や両生類がこれでもかというほど種類豊富に揃っている上に、ジャングルのような造り全体も、鳥羽水ならではのセンスが光る凝った造りで、子供にかえったようにワクワクしました!

めちゃくちゃ気に入った!!(≧▽≦) 👍

そんなこんなで、

新たな見どころを発見して鳥羽水に惚れ直してきた二度目の来館日記(前半)でした~ ♬

次は後半、言うまでもなくサメ篇です!!

お楽しみに (^_-)-☆

----------

💡 追記:

スナメリの動画を作成しましたので、こちらも是非ご覧ください▼

※フォトアルバムはこちら▼

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示
bottom of page