top of page
  • 悠冴紀

服部緑地のリコリス 2019


ピンク系リコリスの群生!

皆々様、ブログ更新が怠慢すぎて、相変わらず季節外れな投稿をする筆不精な物書き、悠冴紀でございます(笑)m(_ _)m

今更すぎて笑われそうですが、本日は9月2日に行った服部緑地公園・都市緑化植物園のリコリスの話題です。

今年は、私には珍しくリコリスの開花時期を読み損じ、早すぎてまだ殆ど蕾だったり、すでに殆ど枯れてしまっていたりと、リコちゃんたちにフラれ気味だったと、これまでの日記では書いていましたが、よくよく振り返ってみれば、ここ服部緑地公園内の植物園では、これでもかというほど贅沢に色とりどりのリコリスを見ることができたのでした ♬

まずはピンク系リコリスからご紹介しましょう ( ^^) _✾

といっても、実は、リコリスは放っておくと、いつの間にか次々に近くの別の種と交配して、新種のリコリスになっていたり、そもそも知られている品種だけでも優に100を超えているため、私の知らない品種、特定できない品種がいっぱいあります ( ̄▽ ̄;) なので、「紹介」と言いつつ、かなりアバウトに「あの品種に似ている気がする」とか「◎色のリコリス」といった表現しかできないんですけどね m(_ _)m 💧 (園内の案内役の人たちも、品種が不明なリコリスに首をかしげながら、とりあえず写真撮影したりしていました (^^;) ひょっとすると鮫よりも同定が難しいかもしれません 💦)

ピンク系リコリスの見事な群生!

ご覧ください ☝ この見事な群生!!

以前書いて公開した詩LYCORISの中でも、「地上のシャンデリア」と表現したことがありますが、これこそまさに、ものすごくゴージャスなピンクの逆さシャンデリア群!! リコリス好きの私にとって、これほど贅沢な光景は他にありません!

ちなみに、この写真 ☝ で言うと、手前の色の薄いピンクは、たぶんナツズイセンの名で知られる「リコリス・スクアミゲラ」だと思います。ナツズイセンにしては開花時期が遅いような気もしますが、花びらの形状や色合いはどう見てもナツズイセン。背後に咲いている濃い目のピンクは、種名不明のリコちゃんたちです (^^;)

リコリス・インカルナタ

さて、先ほどのピンクの群生とは少し外れた場所に咲いていたこちら ☝ のリコリス、白い花びらにピンクの筋が入っているのは、私でも一目にわかる有名どころのリコちゃんで、インカルナタという品種です。かつてはうちのバルコニーでも咲いていました。背後のグリーンとの対比で、非常にクリアな写真が撮れました\(^_^)/♬

種名が謎な濃いピンクのリコリス

ピンクはピンクでも、赤紫に近い感じのこちらのリコリス ☝ は、園内のところどころに点々と咲いていましたが、品種名の見当が全くつかなかったものです 💦 色あいは『かがり火』という品種に近い気がしたんですが、花びらの幅広さや形状が微妙に違うような気もして、定かではありません m(_ _)m これまた、勝手に交配して出来上がったここだけの新種かもしれませんね (;^_^A

これがもう可愛くて可愛くて、今回一番印象に残っているリコリスです 👍

黄色のリコリス群
赤紫に近い濃いピンクのリコリス
 

では、次は黄色系のリコリスです 👇

黄色のリコリス

これ ☝ も品種名が定かではないのですが、強いて言うなら、私が以前育てていたゴールドフレームやオリエント、フラベスケンスあたりに似ている気がします。

かなり私好みの眩しい美しさ ✨

好きです、こういう麗姿 💛

ちなみに、花びらが細めでフリル状になっている、一番色の濃い黄色のリコリス(← 山吹色のやつ)は、おそらくショウキズイセンだと思われます。うちで育てていたものの中では『山の根ゴールド』という種のリコリスに酷似していますが、公園植物園で見かける黄色のリコリスの定番といえば、やっぱりショウキズイセンなので、たぶんそっちでしょう。

オフホワイトっぽい白系リコリス

こちらの白いリコリス ☝ がこれまた謎なんですが、私の知識にある品種では、『オフホワイト』が一番近い気がします。インカルナタっぽいピンク筋もうっすらとは見えますが。

以上、私が9月2日時点で確認できた各種リコリスたちの(ざっくりとした 💧)紹介でした ♬

※ 今回撮影してきたリコリスのアルバムはこちら▼

コクチナシ?

あ、もちろん、リコリス以外にも花は咲いていましたよ (^_-)-☆

この清楚な白い花 ☝ は、確か甘い香りのするコクチナシだったかな??

チユウキンレン(チャイニーズ・イエロー・バナナ)

こちら ☝ は、画像を送ったとき知人友人からの反響が一番大きかった珍しい花、チユウキンレンです。

チャイニーズ・イエローバナナという異名もあるバショウ科の花なんですが、とにかくものすごい存在感のある大輪の花で、思わず写真を撮りまくってしまいました!🍌

少し前に行った馬見丘陵公園でも同じ花を見かけたのですが、こんなに綺麗にはっきりとした写真を撮ることはできなかったので、我ながらこちらでは満足のいく傑作ショットが撮れたと思います♬

チユウキンレン(バショウ科)

栃の実

ところで、こちらの写真の栗のような実は、園内にあったトチの実です。案内役のおじさんが、下に落ちていたものを一つ記念にくださりました ♬

でも通常は、植物園内のものを持ち帰るのは禁止で、無断で拾っていったらドロボー行為に当たるので、皆さんは勝手にお持ち帰りしないよう、マナーを守ってくださいね (;^_^A

 

ではでは、リコリス以外の花々のアルバムもご覧いただいて、今回の締めくくりといたしましょうか ♬

といっても、リコリスに比べると圧倒的に枚数が少ないですが m(_ _)m

📸 下の画像をクリックでアルバムをご覧いただけます▼

閲覧数:99回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page